車一括査定サイトのトラブルや注意事項と中古車を買う時期や流れ

車一括査定サイトを利用するうえで知っておきたいこと

はじめまして、タケオと申します。

 

 

中古車ディーラーの営業、買い付けをしてた経験から車を売る時の注意点や秘訣を紹介します。

 

 

できるだけ高い査定を勝ち取るために必要なことや、やるべきことのまとめサイトとして更新していきます。

 

 

入力時間が最も短い一括査定サイト

こちらをクリック

 

 

中古車お探しサービス

 

 

>>無料登録!中古車お探しサービスはこちら<<

 

 

車一括査定サイトってどういう仕組み?

 

 

一括査定サイトは今では当たり前に皆さん利用してますよね?

 

 

はじめての方もいると思うので、まずはその仕組をかんたんに説明します。

 

 

一括査定サイトは、言ってみれば、楽天やアマゾンの車版みたいなもので、大手の企業が出資して、車の総合マーケットを作っています。
(楽天、リクルート、ソフトバンクなど)

 

 

そこに全国から集まった、中小、大手の車買取業者が加盟することで成り立っています。

 

 

皆さんが一括サイトに登録した個人情報をもとに地域の買取業者に一括サイトから連絡が行き、登録者に業者から連絡が来るシステムになってるんです。

 

 

それぞれのグループには、全国で何百もの買取業者が加盟していますが、幾つものグループに加盟している買取業者もいます。
(ガリバー、アップル、カーチスなどの大手買取業者はほとんどの一括査定サイトに重複して加盟してます)

 

 

事故車や廃車でも買い取ってくれる

 

 

中には事故者や廃車も取り扱うような業者も加盟していて、以前だと廃車扱いの車は、廃車費用で5万以上払う必要がありましたが、今は廃車状態の車も売ることができるので、間違ってもトヨタや日産など車メーカーのディーラーに持ち込まないほうがいいです、廃車費用を取られますからお金をドブに捨てるようなものです。

 

 

なぜ廃車でも買い取ってくれる?

 

 

これはリサイクルに回される場合がほとんどだからです。

 

 

よくヤフーオークションなどで車のパーツを出品してるのを見かけませんか?ああいった業者が、廃車や事故車の車を集めて切り売りしてるんです。

 

 

かなり細かな作業で面倒ですが、今はリサイクルの時代なのでかなり売れるんですね、面倒な分だけ結構儲かっています。

 

 

だから廃車でも買い取ってくれるんです。

 

 

車一括査定サイトはどこを利用するべきか?

 

 

この答えは多ければ多いほどいいです。

 

 

もちろん、そこそこの相場で売れればいいやというなら1社でもいいですが、できるだけ高く売りたいというアグレッシブな人はどうせ無料なんだし、少し面倒にはなっても全てに登録するべきです。

 

 

それだけ、査定の選択肢も増えますし、交渉時にも有利になるからです。

 

 

登録時に必要な物は、車検証と車の走行距離です、あとは、住所や名前、Eメールなどの個人情報です。

 

 

一つのサイトで3分ぐらいで登録は終了します、複数サイトに登録しても10分ぐらいで済むので頑張って入力しましょう。

 

 

こちらをクリック

 

 

登録から売却までの流れ

 

 

登録を終えるとメールが来ます、うざいほどに・・・・

 

 

一つの一括査定サイトからだいたい10社近くオファーがあるので複数登録すれば、何十社もメールが来ます。

 

 

めんどくせー!ってなりますよね?

 

 

だからまずは、ヤフーかなんかで、無料のメールアドレスを用意してください、それで登録すれば、後々面倒はなくなります。

 

 

そのメールは、売却が終われば捨ててしまってOKです、ほおっておいて問題あリません。

 

 

一括査定サイトの中には登録後すぐに概算見積もりを出してくるところもありますがあくまで概算です。

 

 

その車種の相場中古価格なので、だいたい自分の車がいくらぐらいで売れるのか?の基準になります。

 

 

時間帯にもよりますが、早ければその日、遅くとも1両日中に買取業者から電話があります。

 

 

ここでまず、めぼしい業者を選ぶために、ふるいにかけます。

 

 

複数登録すれば30社ぐらいですから、面倒なんですが、ここはよく車の査定額を聞いてください。

 

 

この時点で、買取業者の中にも金額に開きが出てくるはずです。

 

 

その中から、一番金額が高いところ、感じの良さそうなところを選んで、出張査定に来てもらう日取りを決めます。

 

 

ここで重要なのは、2番手、3番手候補の業者も出てくると思うので、適当な言い訳を付けてキープすることです。
(まだ時間の取れる日が分からないなど言って)

 

 

買取業者には愛車をピカピカにしてから見せる

 

 

業者が来る前に一度時間を作って愛車を磨き上げてください。

 

 

WAXもできればした方がいいですね、それから当然ですが、洗車、社内の掃除、トランクの内部もきれいにした方がいいです。

 

 

ボンネットを開けて、見えるところは綺麗に拭いておくことも必要です、エンジンのヘッドまわりやホースの類などです。

 

 

これをやるだけでも金額が変わってくるので、時間をかけて車をきれいにしておきましょう。

 

 

最終的な金額は交渉で決まる

 

 

買取業者都の待ち合わせは、自宅ガレージや駐車場にするのが普通ですが、近くの業者ならこちらから出向くこともできます。

 

 

ですが、必ずこっちに来させる、ホームで戦うということが重要です。

 

 

アウェイでは不利です、事実、私が中古車屋で勤めてた時は、なるべく会社に来て貰う形で交渉してました、それだけで5万、10万と安く買い取ることに成功しているからです。

 

 

必ず出張査定に来てもらうこと、可能なら友人や家族も同席させて、相手にプレッシャーをかけること!

 

 

一ミリも気を抜くべからず!

 

 

買取業者が来たら、車の査定がはじまるわけですが、向こうは、事故歴や、故障、当てたことがあるかなど世間話を交えながら聞きだしてきますが、絶対に不利になるようなことは言わないように!

 

 

都合のわるいことはいう必要はありません、隠せれば隠したほうが得です。

 

 

高く売るためには、相手が査定終了時に出してくる金額に対してふたつ返事で返さずに必ず一回はごねてみることです。

 

 

そこで、提示額の1割程度多めに要求してみることです。

 

 

この1割は妥当な数字ですから、100万と言われたなら110万、70万と言われたなら75から80万という風に交渉します。

 

 

きっぷの良い業者なら、う~んと言いながらも上乗せしてくれますが、おおじない業者もいるでしょう。

 

 

でもここで負けないでください、相手が揺るがないように見えても必ず1割り程度なら余力を残してるはずなのでしつこく食い下がります。

 

 

根比べです。

 

 

向こうもわざわざ出向いた以上は、買い取って帰りたいのが本音なんです、ここの粘りと頑張りで、1割の違いは、ばかにならない金額のはずです。

 

 

この時感じの悪そうな相手なら、突っぱねて返すのも手です、ここで2番手、3番手の出番になります。

 

 

ですが、なるべく一発で決めたいですよね?

 

 

だから最後は、同情を誘ってください、あくまで車を利用してですよ、自分の愛車に関する思いをぶつけてください。

 

 

相手に強く詰め寄ったりはなしですよ。

 

 

なんでもいいです、愛車の思い出話しとかでどれだけ手塩にかけてきたかを相手に伝えてください。

 

 

こんなことで?と思うかもしれないですが、相手も人の子、情に絆されれば気持ちが動くものです。

 

 

この一連の流れを頭にイメージして交渉に望んでくれれば、きっとうまくいくはずなので頑張ってみてください。

 

 

以上が車買い取り一括査定サイトを利用して高額査定を引き出す方法です、参考にしてみてください。

 

 

最後に、車一括査定サイトのランキングを作ってあるので、1社でいいという方は、一つ選んで登録するもよし、高値で売りたい方は、全てに登録してみるのをおすすめします。

 

 

全て登録無料です、中にはポイントバック特典付きというのもあります。

 

こちらをクリック

 

中古車を買う時期はいつがベストか

 

 

中古車を買う時期に適してるのは5月から8月が需要が落ち込むので最適です、この時期は決算やボーナス時期から外れているため中古車も売れにくく、底値になるからです。

 

 

逆に、3月や9月の決算期は黙っていても売れるので高値になり、サービスなども悪くなりがちですので、時期に余裕があるならずらしてでも5月から8月に買うべきですね。

 

 

中古車を買うときに思うことはどんなこと?

 

  • できるだけ安く買いたい
  • 自分で中古車屋に行って探すは面倒だ
  • インターネットで探す方法は?
  • 中古車販売サイトで見積もりを取る
  • 今載ってる車の下取りまたは買取をどうするか?
  • 必要な書類は?

 

 

こんなところですよね?

 

 

中古車お探しサービスなら簡単で面倒いらず

 

 

中古車お探しサービスは、無料登録するだけで、全国から自分にあった条件の車を探してきてくれます。

 

 

中古車国内最大手のガリバーが提携しているので、全国約450店舗の販売網があり、販売だけでなく中古車買取でも実績があります。

 

↓↓↓↓↓

 

 

具体的な仕組み

 

 

雑誌や、インターネット上で公開されている中古車情報は、実は、30%ほどしかなく、残りの70%の非公開車両というのがあるのは知ってましたか?

 

 

これらの非公開車両は、業者間取引や、自社内グループで流通していて表には出てきません。

 

 

なぜこんなことが起きるかというと、雑誌やネットで車を公開するにはコストが掛かるんです、紹介料というか、1台に付きいくら、というようにお金が発生しています。

 

 

非公開車両が売れればその分のコストが浮くわけですから、実際業者も非公開のまま売ったほうが利益が大きいというわけです。

 

 

中古車お探しサービスの場合はどうか?

 

 

中古車お探しサービスのサイトは無料でお客さんに登録してもらいます、そして、自社(ガリバー)の全国店舗の中から、条件にあったものを探してくれます。

 

 

ランニングコストは、中古車お探しサービスのサイト作成だけですので、非常に安くすみます。

 

 

また、お客のリストも取れるので、買い替えの際にもまた利用してもらえる可能性があり一石二鳥というわけです。

 

 

少なくともガリバーの店舗にいってしまうよりも、まず中古車お探しサービスのサイトに登録したほうがいいことは間違いないですね。

 

 

たとえガリバー系列で買わないにしても、まずは自分のほしい車の相場もわかるし、見積もりも取れるので他で買うにしても有利になるのは間違いないですよ。

 

 

中古車お探しサービスのサイトはこちら

 

 

中古車お探しサービスサイト利用の仕方

 

 

サイトに行くと上記のような入力画面があります。

 

 

各項目を入力するだけで、時間帯にもよりますが、その日から遅くとも次の日には電話がくるので、自分の欲しい車の具体的な詳細を伝えます。

 

 

そうすると全国店舗のデータベースから最適なものを探してきてくれます、自分の地域より遠くの地方のものでもいいものがあれば探してきてくれます。

 

 

流石に試乗はできません、中古車を買ったことがある方なら知ってるかもしれませんが、通常どこの業者でも成約しないかぎり試乗はさせてくれません。

 

 

入力の際の注意事項

 

 

登録画面で個人情報を入力するときに、メールアドレスを入力することが必要ですが、ここで買わない時、後々のメール攻勢に備えてyahooあたりで
今回専用のメールアドレスを取得することをおすすめします。

 

 

中古車お探しサービスサイト登録の流れ

 

 

このようになってますが、ステップ4の成約に至らないかぎりお金は発生しないので、このサービスを使わない手はないです。

 

 

前述したように、どこで買うにしても見積もりは多いほうがその後の交渉時に役に立ちます。

 

 

だから、ステップ3までは行って見積もりをFAXなりメールで受け取っておいたほうが懸命です。

 

 

逆もまた然りで、もし他の中古車屋から見積もりをとっているものがあれば、このサイト経由で車を買うときにも役に立つのでとっておくように。

 

 

車を買う際の交渉時のポイント

 

 

どこで見積もりをとって、どこで買うことになろうが、最終的には人対人の交渉があります。

 

 

この交渉術で、数万から数十万変わることもまた事実です。

 

 

見積もりが多いほうがいいと書きましたが、この見積もりを交渉時に見せるタイミングで破壊力が違います。

 

 

いざ、気に入った車が見つかったら、値引きという交渉に入るわけですが、ほかの見積もりはすぐ出してはダメですよ、ぎりぎりまで粘って最後に出します。
これが重要です。

 

 

もちろん、買おうとしているところより、安い見積もりを見せないとダメなのですが、多少のハッタリは必要です。

 

 

できない人もいるのでしょうが、少しでも安く買いたい!と思えば頑張れるはずです。

 

 

具体的には、色や、走行距離で、同じ車でも値段が違ってきますが、そのへんは伏せて安い見積もりを見せてやりましょう。

 

 

ここで、最後に見せるといったわけは、交渉も大詰めを迎えればなんとか売りたいのも人心です。

 

 

だから、煮詰まった段階で安めの他社の見積もりを見せることで、相手はしぶしぶでも条件を飲むでしょう。

 

 

それと、金額的値引きがダメでも備品や装備の面で、おまけしてくれることもあるので、しつこく食い下がることは重要ですよ。

 

 

まとめ

 

 

中古車をできるだけ安く買うには

 

 

  • 中古車お探しサービスサイトを利用する
  • 見積もりは多いほうがいい
  • 交渉時には安めの他社の見積を最後にぶつける
  • 金銭的値引きがダメでも、物でサービスさせることも可能

 

↓↓↓↓↓

 

 

このサイトを見て、少しでも安く車が変える方がいれば私も嬉しいので、実際に車を買うときに必要な書類や、いろいろなクルマ情報のことなどは個別のページに書いてあるので必要があれば、他のページも参考にしてみてください。