タイミングベルトの交換時期はどれくらい?

入力時間が最も短い一括査定サイト


愛車を激高で売るにはこちらをクリック


私事ですが、プリウスを売りに出した時、一括査定サイトを使ったのですが、数社の見積もりで最大額と最低額の差はなんと19万円でした!

タイミングベルトは切れる前に交換するのが鉄則!

中古車買う

タイミングベルトはプラグの点火や吸気や排気バルブの開閉のタイミングを司っていて非常に大事な部品です。

 

 

エンジンのカムシャフトとクランクシャフトが連動するのはタイミングベルトがあるからで、その運動によりバルブが開いたり閉じたりしています。

 

 

動画を見るとわかりますよね?

 

 

このバルブの開閉タイミングを同期させて上手くタイミングをとるのがタイミングベルトの役割なんです。

 

 

切れると怖いタイミングベルト

 

 

タイミングベルトが走行中に切れると高確率でエンジンブローです、つまりオシャか・・・・

 

 

何故かと言うと、タイミングベルトが切れるとシリンダー内のバルブとピストンがある燃焼室が壊れるんですね、最悪エンジンから火を吹くこともあります。

 

 

シリンダー内ではピストンが下がるとエアーと燃料が送り込まれ上がると爆発と同時に排気しています、バルブとピストンを同期させているのもタイミングベルトなので、これが狂うと高速で動くピストンがシリンダーヘッドとぶつかって正しくエンジンが回転できなくなります、というかぶっ壊れます。

 

 

よほどゆっくり走っていないかぎり、例えば高速道路なんかで切れたら、まず間違いなくエンジンは交換クラスの損害です。

 

 

これを聞くとクルマに乗るのが恐ろしくなりますよね?

 

 

ですが、タイミングベルトは耐熱耐久に優れたゴム樹脂で、水素添加ニトリルというものから出来ています、表面がナイロンやガラス繊維でコーティングされていてそう簡単に切れたり伸びたりはしないんですね。

 

 

日本車の場合、基本的には10年・10万キロが耐用年数に指定されています、実際私も自分の車でタイミングベルトを交換したのは10万キロ前後の時でしたね。

 

 

タイミングベルトは切れる前に兆候が出ない

 

 

トラブルが起こる前というのは何らか兆候が出るのが普通ですが、タイミングベルトに限って言えば前触れはありません。

 

 

確かにめったに切れるものではないですが、機関部分の重要部品だけに、推奨されるとおりに交換するほうがいいですね。

 

 

タイミングベルトの交換は素人には無理です、整備の技術レベルで見ても簡単ではありません、エンジンカバーを外す必要があるし、エアーダクトやオルタネーターを取り外す必要もあるからです。

 

 

タイミングベルトの交換にかかる費用は部品代と工賃ですが、ベルトの部品代はそれほど高くもなく、一般大衆車なら2千円から3千円くらいです。

 

 

クラウンやレクサスなどの高級車ほど高くなり、8千円前後する車種もあります、まあ基本的に高級車ほど使われてる部品は高いのが普通ですね。

 

 

工賃は2万円前後が多く、高級車だと4万円前後する場合もあります、普通の車なら3万円前後が一般的なタイミングベルトの交換費用ですね。

 

 

しかし、ミッドシップエンジンや水平対向エンジンの場合はエンジン自体を下ろすこともあり、工賃は高額になることもあります。

 

 

タイミングベルトは早々交換するものではありません、なにせ10万キロは持つものなので・・・・・その為、交換時期には他の部品もついでに交換する場合が多くある程度の出費は覚悟しておいたほうがいいでしょうね。

 

 

タイミングベルト交換時に一緒に交換する確率が高い部品とは?

 

 

テンショナーベアリング

 

 

タイミングベルトのハリを調整している部品で、ここがへたると異音が出るし回転もスムーズさを失います、ベルト自体の寿命も短くなるのでついでに交換する必要がありますが、交換する工場によっては言わないと変えてくれないところもあります。

 

 

ウォーターポンプ

 

 

ウォーターポンプは冷却水を循環させるものですが、これを回しているのがタイミングベルトです、なので結果的には一緒に交換するほうが工賃も安く済むし、ベルトとポンプ両方の寿命が伸びます。

 

 

オイルシール

 

 

いわゆるパッキンです、エンジンカバーを開けるのでパッキンの交換は必須です、交換しないとオイル漏れにつながるので安くても大事な部品です。

 

 

オイルシールの交換は言わなくとも、工場の方で勝手にやってくれることが多いですね。

 

 

ディーラーに修理に出すと上記のような箇所は一緒にやってくれrたり、交換の提案を進めたりしてくれるので安心して修理できますが、部品代こそ変わらないものの工賃は割高です。

 

 

カーショーップや修理工場だと、基本的にはこちらが行ったものしか修理してくれないことが多いです。
(さすがにパッキンは交換してくれますが)

 

 

タイミングベルトの交換時期が車の乗り換え時期?

 

 

前述したようにタイミングベルトの寿命は10年か10万キロですが、この時期になるとさすがに車自体がヘタってきます。

 

 

タイミングベルトだけでなく、いろいろなところで故障が目立つ時期でもあります。

 

 

エアコンの効きが悪くなったりガス漏れ、オルタネーター摩耗などだいたい一箇所壊れ始めると次々壊れ始めますね、経験上。

 

 

正直買い替えを考える時期といえます、一箇所直しても次々壊れるとかかる費用も馬鹿にはなりません、安い車なら変えるくらいの金額になることもあります。

 

 

なので、売れるうちに少しでも高く売って買い換えてしまうほうが結果的に安くなる可能性もあります。

 

 

タイミングベルトを交換しようかどうしようか迷っているくらいなら、一度自分の車がいくらで売れるか調べてみるのも、その後を決める上で有利に働く可能性があります。

 

 

ネットで簡単に相場価格が調べられる一括査定サイトを使うと便利ですね、登録無料で使えるし、必ずしも車を売却する必要はないので重宝しますよ。




愛車を激高で売るにはこちらをクリック


私事ですが、プリウスを売りに出した時、一括査定サイトを使ったのですが、数社の見積もりで最大額と最低額の差はなんと19万円でした!



>>任意保険の一括見積もりサイトはこちらから<<