中古車の年式について

入力時間が最も短い一括査定サイト


愛車を激高で売るにはこちらをクリック


私事ですが、プリウスを売りに出した時、一括査定サイトを使ったのですが、数社の見積もりで最大額と最低額の差はなんと19万円でした!

中古車は何年落ちまでが乗れるのか?

知らない人には衝撃の事実かもしれませんが、車の資産価値は新車登録されてから6年でなくなります。

 

 

なくなる・・・・0という意味です。

 

 

これは法定耐用年数で、減価償却の期間になります。

 

 

中古車業界においても6年で0に

 

 

車の年式は買取でも購入の時でも一つの基準になりますが、特に買取りしてもらう時には6年落ちの車の実質的価値は0になります。

 

 

実際には売れることは売れるのですが、それは残りの車検期間の価値であったり、鉄くずとしての価値です。

 

 

6年落ちの車を売る時は5万前後が相場ではないでしょうか?

 

 

これはたとえ走行距離が平均より少なくても価値に変わりはありません。

 

 

購入の時はどうか?

 

 

中古車を購入する時を考えると、6年落ちの車が平気で高く売ってませんか?

 

 

法的価値は0でも実質的価値は車によって様々ですよね?特に日本車は耐用年数も高く、整備さえすれば10万キロから20万キロ走ってもピンピンしてる車はたくさんあります。

 

 

整備がしてあり見た目も悪くなければ十分売れるので、古くても20万から30万で売ってる車も少なく無いですよね?

 

 

だから、中古車屋は儲かるんです、古い車ほど売れれば儲かります。

 

 

だってそうですよね?タダ同然、5万やそこらで仕入れて20万や30万で売れればかなりの利幅です。

 

 

ディーラー系なんかは整備や部品の交換などもするのでもっと高く売りますが、横流しがメインのふつうの中古車屋は大した整備もしないで売るので利幅もでかいんですね。

 

 

ここで言いたいことは、6年以上たった車は売ることを考えるなということです、乗り潰すか、次買う時は人にあげるくらいの気持ちで乗らないとダメですよね。

 

 

それでも小遣いぐらいにはなるので売りたいという時には一括査定サイトを利用すればいくらか高く売ることもできるでしょう。

 

 

中古車の走行距離の基準

 

 

車や乗り方によって違いますが概ねの基準です。

 

 

走行距離は買う時も売る時も大事な部分ですが、6年落ちの年式ではあまり意味を持ちません。

 

 

ただ、一つの基準として、1年1万キロというのが定められてますので、年式の新しい物を売り買いする時はこれが基準となります。

 

 

もう一つの基準としては、部品の耐用年数があります

 

 

車を買ってもすぐ故障しては嫌ですよね?

 

 

4万キロまでは通常ならどんな車も部品の耐用年数はありますが、コレ以上になってくるといろいろガタが出始めます。

 

 

足回りのヘタリ、乗り心地がふにゃふにゃしたりするのもこの頃からです、サスペンションのバネがへたり始めますし、ショックの効きも悪くなるからです。

 

 

ゴムを利用してる部分や、消耗品のブレーキパッドなどもヘリが激しいでしょうね。

 

 

8万キロを超えてくると電気系統が故障し始めます、エアコンやオルタネーター、タイミングベルトなどの交換時期が来ます、電装系は故障すると金額もかなり掛かることが多いですね。

 

 

電装系が行くと4万前後の修理費は覚悟が必要です。

 

 

中古車を買う時は車体の値段だけにとらわれずに、できれば自分で確認できることはしたほうが絶対にいいです、エンジンルームや足回りをよく見ましょう。

 

 

かってすぐブレーキパッドがなくなったり、タイヤのみぞがなくなったり、ファンベルトがキーキーなり始めたなんてことはよくありますからね。

 

 

これぐらいのことは確認できるとできないでは結構違いますから・・・・

 

 

無料登録できる車探しサイトでは担当の営業マンがつくので、この辺のことを伝えておくといいですよ。




愛車を激高で売るにはこちらをクリック


私事ですが、プリウスを売りに出した時、一括査定サイトを使ったのですが、数社の見積もりで最大額と最低額の差はなんと19万円でした!



>>任意保険の一括見積もりサイトはこちらから<<