中古車業界の内情

入力時間が最も短い一括査定サイト


愛車を激高で売るにはこちらをクリック


私事ですが、プリウスを売りに出した時、一括査定サイトを使ったのですが、数社の見積もりで最大額と最低額の差はなんと19万円でした!

中古車営業マンの本音

中古車を買うときには最終的に営業マンとの交渉は避けて通れませんよね?

 

 

人対人の交渉ですから、少しでも中古車業界のことを知っておけば商談も有利に運ぶことがあるはずです。

 

 

私の経験で分かる範囲ですが、業界の動向を考察したいと思います。

 

 

不況の中でも中古車業界はまだまし

 

 

経済不振の日本ですが、新車販売に比べて中古車販売の落ち込みはそれほどでもないようですが、以前のように大儲けというところは少ないようです。

 

 

経済が悪くなると皆んなお金を使わなくなりますよね?

 

 

車に対する考え方もここ数年でだいぶ様変わりしています、昔だったら車にお金をかける人はたくさんいて娯楽や趣味のものでしたが、現在はシビアな世の中で乗れればなんでもいいとはいいませんが、より実用的なものとして考える人が多くなりました。

 

 

企業などでも以前なら3年で入れ替えるような車も、今では5年、ヘタすると乗れるとこまで乗るというふうに変わりつつあります。

 

 

そんな中で新車は売れなくなりましたが、経済の二極化で高級車ほど売れてるという側面もあります。

 

 

中古車で見てみると、車を手放さない、長く乗るという人が増えたおかげで、市場には程度のいいものが減っているというのが現状です。

 

 

長く乗るようになって走行距離も伸びるし劣化も進むので売りに出た時にはかなりヘタった車が多く、中古車屋もタマ不足が続いてるようですね。

 

 

中古車販売は在庫商売です、売れずに眠らせると価値も落ちていきます。

 

 

2週間間隔で相場価格は見直されますから、中古車屋としてはなるべく在庫を抱えないで売買の回転を上げたいというのが本音のところです。

 

 

仕入れから一ヶ月以内には売りたい

 

 

中古車屋の考えとしては仕入れた車は1ヶ月以内には売りたいというのが本音です、コレ以上は時間的損失が膨らむので持ち続けることを嫌います。

 

 

売れ残った車は業者オークションで価値の下がらないうちに売って、売れ筋の車を買い直しすることになります。

 

 

大手で何店舗もあるようなところは自社内で車を回しあったりできるのでいいんでしょうが、普通の中古車屋はそれができないのでなんとか売りさばこうとします。

 

 

中古車営業のセールスマンがしつこいのは、こんな現状があるからなんですね。

 

 

TVコマーシャルで見るような大手の営業は余裕があるのでゆったり構えてるように見えますが、大手は大手でかなり厳しいノルマがあるので営業は四苦八苦してるんじゃないでしょうか。

 

 

中古車を買うなら程度のいいものがほしいですよね?

 

 

中古車を買おうと思ってる人は見積もりを多く取るべきなのはみなさんわかってると思いますが、現状は車種によっては品薄です、上記で書いたように長く乗る人が増えたためですが、コレは人気車と呼ばれるものほど傾向がつよいです。

 

 

安く程度のいい車がほしい場合は、中古車お探しサービスやカーセンサーを利用して見つけるのが通常ですが、欲しい車が見つかったからとすぐに飛びつかずに幾つかのサイトで見積もりを取って競わせることで価格競争させることができるので面倒でも3つぐらいは見積もりがあるとうまく値引きを引き出せますよ。

 

 

中古車の動きは早いのですぐ売れることも多いです、欲しいクルマが決まっているなら動き出しは重要です。

 

 

どこの中古車屋も見積書は無料で出してくれるので、とりあえず見積書3つを目指して迅速に動きましょう。

 




愛車を激高で売るにはこちらをクリック


私事ですが、プリウスを売りに出した時、一括査定サイトを使ったのですが、数社の見積もりで最大額と最低額の差はなんと19万円でした!



>>任意保険の一括見積もりサイトはこちらから<<