任意保険と自賠責保険の違いを優しく説明します

入力時間が最も短い一括査定サイト


愛車を激高で売るにはこちらをクリック


私事ですが、プリウスを売りに出した時、一括査定サイトを使ったのですが、数社の見積もりで最大額と最低額の差はなんと19万円でした!

任意保険と自賠責保険

車に乗ると起こりうるのが交通事故です。

 

 

自分ならずとも事故の相手に大怪我や、時には死亡させてしまうことも考えられますよね?

 

 

高額の賠償金を払うとなると用意できる人は限られるでしょう。

 

 

そんな時のために保険があるんですが、自賠責保険と任意保険という言葉は知ってますか?

 

 

自賠責保険は車を買うと法律的に強制加入させられる保険で最低限の損害賠償をしてくれる保険です。

 

 

任意保険も殆どの人が加入している保険で文字どうり法的強制力はなく自分の意志で加入、非加入を決められますが、加入していない人はまずいないでしょう。

 

 

自賠責保険未加入のまま車やバイクに乗ると道路交通法違反で免許停止になるほどの減点と、かなりの反則金を支払わされます。

 

 

自賠責保険では対人賠償を補償しますが、これは事故で怪我させた相手に支払われるものです。

 

 

自賠責保険の内訳

 

  損害の範囲 支払限度額
傷害による損害 治療関係費、文書費、休業損害、慰謝料 最高120万
後遺症による損害 逸失利益、慰謝料

神経系統、精神、胸腹部臓器に著しい傷害を残し介護が必要な場合

 

・常時介護 最高4,000万
・随時介護 最高3,000万

 

後遺症障害の程度
第1級 最高3,000万~第14級75万

死亡による損害 葬儀費、逸失利益、慰謝料 最高3,000万
死亡するまでの傷害による損害 傷害による損害の場合と同じ 最高120万

 

 

実際に事故を起こすと、これだけではまるで足りずに自腹で支払うことを覚悟しなければなりません、大きな事故をすれば治療費の最高120万なんてすぐに足が出ます。

 

 

自賠責保険には物損、つまり壊れた車に関しては一切補償がなくまさに最低限の保険だといえます。

 

 

任意保険とは?

 

 

任意保険は自賠責保険よりも複雑ですが、補償の額も内容も桁違いに大きく加入していれば安心の保険で、もちろんその分月々の保険料も自賠責保険とは比べ物になりませんが最近はかなり安いものが出ています。

 

 

任意保険は3つのタイプで分けることができます、賠償責任保険、傷害保険、車両保険、コレが柱になっていて掛け金の額で補償される金額が変わってきます。

 

 

また、契約する車の種類でも掛け金が変わるようにクラス別にわけられています。

 

 

賠償責任保険

 

対人賠償保険と対物賠償保険で構成されていて、それぞれをいくらまで補償するかで掛け金が変わります。

 

傷害保険

 

運転者を含む同乗者の怪我から死亡までに対する保険で「搭乗者傷害保険」「自損事故保険」「無保険者傷害保険」「人身傷害補償保険」の4つで構成されています

 

車両保険

 

自分の車が物損事故を起こしたときに修理代が支払われる保険です、自爆した時などはこの保険があると便利なのですが、結構高額な契約になるので高級車を乗る人に入る人が多い保険です。

 

 

任意保険は上記の保険を組み合わせて契約することができるのでバリエーションはかなりありますし、支払われる金額の上限も決めれるので組み合わせはキリがないですが、保険会社が定番のパターンをいくつか組んでくれるので、その中から選ぶのが一般的です。

 

 

任意保険をできるだけ安く契約するには、ネットで契約すると保険屋の外交おばちゃんから契約するよりもかなり安く契約できます。

 

 

任意保険の一括見積もりサイトがあるのでそちらで見つけると一番安い任意保険が見つかります。

 

 

うまく契約すれば最大5万ぐらい変わることもあるようですね。

 

 

>>>任意保険の一括見積もりサイトはこちらから

 

 

任意保険に加入せずに大きな事故を起こすとどうなるか(実例)

 

 

任意保険に加入しないという人はまずいないと思いますが、未加入で事故を起こすとどうなるか私の実例を紹介しましょう。

 

 

ちなみに私の立場は被害者です。

 

 

私は高校時代にオートバイで大事故を起こしましたが、その時の相手は車で任意保険に入っていませんでた。

 

 

事故の状況は、私が直進で車が対向車線から右折してきて、私は車の真横に突っ込みました。

 

 

スピードが出ていたこともあり、かなり遠くまでふっ飛ばされ全身打撲に縫い傷数カ所、左手小指切断という大事故でした、相当痛かったです・・・・・・

 

 

保険屋の事故査定というのがあって、どちらがどれだけ悪いか決めるものなのですが、その時は私がバイクということもあり、7対3で私が被害者でした。

 

 

この7対3というのは双方の人的、物的被害の総額を7対3で割るんですが、私は任意保険に入っていたので実質自分での払いはありませんでした。

 

 

相手は自賠責だけだったので、示談交渉の末私に500万の慰謝料を払うことになりました、その他に足りない治療費も含めるとかなり払ったんじゃないでしょうか。

 

 

私的にはそれでも少ないと感じましたね、もし相手が任意保険に入っていてさえくれれば倍の補償額は出てたと思いますから・・・・

 

 

尋常じゃない後遺症も残りましたし、いまでもそれで苦しんでいますしね。

 

 

この時自賠責から支払われたのは、治療費が上限の120万、と言ってもぜんぜんたりませんよね、なにせ医療保険は効かないわけですから医者代はかなりの額になっています、足りない分は相手持ちです。

 

 

後遺障害が第14級扱いで自賠責保険から75万出ましたね、たしか。

 

 

相手は普通のサラリーマンで、5年ぐらい月賦で慰謝料を払いましたよ、月5万ぐらい。

 

 

この時、任意保険さえ入っててくれれば、相手自身も不幸にはならなかったでしょうね、もちろん私も。

 

 

任意保険さえ入ってれば相手も自分で払うお金はほとんどなかったでしょうね、保険屋が全部やってくれますから。

 

 

この話を踏まえて私はいいたいのですが、任意保険は絶対に入りましょう。

 

 

当時は任意保険もかなり高額で月1万ぐらいの掛け金がかかってましたが、最近は相当安くなってますよね、オーソドックスな契約でも5千円も行かないじゃないでしょうか。




愛車を激高で売るにはこちらをクリック


私事ですが、プリウスを売りに出した時、一括査定サイトを使ったのですが、数社の見積もりで最大額と最低額の差はなんと19万円でした!



>>任意保険の一括見積もりサイトはこちらから<<