話題の自動運転の技術とは?

入力時間が最も短い一括査定サイト


愛車を激高で売るにはこちらをクリック


私事ですが、プリウスを売りに出した時、一括査定サイトを使ったのですが、数社の見積もりで最大額と最低額の差はなんと19万円でした!

どこまで実現可能?自動運転

日産が東京モーターショーで公開したコンセプトカー、IDSコンセプトは日産が目指す自動運転化を具現化した車です。

 

 

IDSが目指すのはレベル4と言われる完全自動運転。

 

 

日産は近未来に完全自動う運転を実現させるつもり

 

 

日産の考えはこうだ、2016年には渋滞中、単一レーンでの自動運転ができる車の発売を目指している。

 

 

2018年には高速道路での自動運転を実現、レーンチェンジもできるようにするという、ほんとにできるの?なんて思いますがどうやら日産は本気のようです。

 

 

2020年には市街地での自動運転、交差点も自動で曲がれるぐらいまで精度を上げるつもりのようです。

 

 

これでもあくまでレベル3の範囲内、この領域は自動運転しながらもドライバーは不測の事態に備えてスタンバイしてる必要がある。

 

 

最終的には近未来映画のように、完全自動化で、車内はトランスフォームすることまで考えているという、ハンドルも格納されるみたいで、車内でゆったりできるぐらいのことまで出来るようにしたいという。

 

 

これを始めに聞いた時は、私も流石に絵空事だろ?という感じでしたが最近の技術革新を考えるとまんざら嘘でもないと思うから不思議なもんです。

 

 

自動運転の仕組みはどうなっている?

 

 

ハードウエアー的にはミリ波レーダーやレーザースキャナー、カメラで車の周囲360度をくまなくサーチする技術が必要になってくるらしいんだけど、車全体にカメラ12個を搭載することで可能にするらしい。

 

 

ミリ波レーダーは遠距離の対象物を捉えることに適していて、レーザースキャナーで対象物の形を捉えるらしいのだが、現行的にはレーザースキャナーは遠距離のsキャン能力がまだまだ劣るとのこと。

 

 

このジレンマをどうするかが今後の鍵になるようだ。

 

 

信号の状態や歩行者、障害物の発見にはカメラが必要で、多重のセンサー類との連携で可能にするとか。

 

 

最終的にはソフトウエア開発がどこまで進むかが問題で、認識と動作はソフトの領域、人工知能がどこまで実現できるかによるところが大きいよね。

 

 

日産はAI開発にも取り組んでいる

 

 

以前はソフト屋はソフトや、餅は餅屋というのがシステム開発の主流ではあったんだけど、現代は自社でのソフト開発をするところも多くなり、日産もその考えを取り入れた企業の一つ。

 

 

AI開発で大事なのは、ルールにとらわれずにどこまで柔軟な対応が取れるかにある、自動う運転の例で言えば、交通状況により速度やルールをどこまで許容できるかにある。

 

 

学習機能やドライバー一人ひとりの癖や好みに合わせて動きや機能を変えていくことも開発研究中だとか。

 

 

他の車との意思疎通がどこまでできるようになるかも課題の一つですよね。

 

 

自動運転に関して日産がトヨタを凌ぐ

 

 

車というと一等企業はトヨタのイメージがあるけど、事自動う運転に関しては日産に軍配が上がる、トヨタも2020年には自動運転実現を掲げているが、市街地道路で起こりうる問題には日産ほど言及していないようですね。

 

 

日産のIDSコンセプトの車としての概要は、動力が電気自動車でボディサイズは4470MM、全幅1880MM、全高1380MM,ホイールベース2800MMの4ドア。

 

 

CD値は0.20の超エアロスタイル、骨格はカーボン素材で、新時代のEV車を目指すという。

 

 

いよいよ車も自動化の時代が近づいてきたわけだが、終いには映画のように車が空を飛ぶ日が来るのでしょうか?

 

 

きっとくるんでしょうね、それまで生きていたら最高なんだけどなあ。

 

 

自動化とは行かないまでも最近はEVやハイブリット車が多くなってきました、私もそろそろEV車に乗り換えを考え始めている頃ですが、現在の愛車をどこまでのるかが問題です。

 

 

この前一括査定サイトを利用して相場を調べてみたら、愛車のレクサスはまだまだ高値で取引中、あと3年は乗るかなあ。




愛車を激高で売るにはこちらをクリック


私事ですが、プリウスを売りに出した時、一括査定サイトを使ったのですが、数社の見積もりで最大額と最低額の差はなんと19万円でした!



>>任意保険の一括見積もりサイトはこちらから<<

話題の自動運転の技術とは?関連ページ

免責事項
中古車買うなら
管理人プロフィール
中古車買うなら