車を買い取ってもらうときに必要な書類

入力時間が最も短い一括査定サイト


愛車を激高で売るにはこちらをクリック


私事ですが、プリウスを売りに出した時、一括査定サイトを使ったのですが、数社の見積もりで最大額と最低額の差はなんと19万円でした!

車を売るときに必要になってくる書類は事前に用意しておくほうがスムーズに事が運ぶ

車買い取り

こんにちは、タケオです。

 

 

今回は、車の売却時に必要な書類について書いていきます。

 

 

順をおって説明するので、書類を集める際に確認しながら揃えてください。

 

 

自動車検査証(車検証)

 

 

 

車検証ですが、通常車のダッシュボードに入っていますよね?

 

 

一応、法律的には自分の車の中に保管しておくことが義務となっているので殆どの人はグローブボックス内に入れているはずです。

 

 

もし、失くしてしまったとか、そんなの見たことないよ?という方は再発行もできるので事前に確認しておきましょう。

 

 

車検証の再発行

 

 

最寄りの陸運支局で再発行手続きをします。

 

車検証再発行の必要書類は、自分で行う場合

 

  • 使用者の委任状 *使用者の認印の押印があるもの(本人が行う場合は必要なし)
  • 車検証 *汚損したものが残っている場合
  • 理由書 *使用者の認印の押印があるもの
  • 申請者の身分証明書
  • 手数料納付書
  • 申請書

 

が必要になります、費用は 再交付申請手数料:300円 申請書の用紙代:100円 で400円で合計400円でできます。

 

 

陸運局で当日発行してくれます、書類も当日陸運局で揃うので、身分証と認印があれば問題なく再発行できます。

 

 

業者に頼む場合は 車検証代行サービスというのがありますが、5000円近くかかります。

 

 

自動車税納税証明書

 

 

 

自動車税を収めるときに、切り離してくれる領収書です。

 

 

これがないと車を売ることができません、車を売るその年のものが必要で、以前のものとかはダメです。

 

 

紛失してしまった場合は、最寄りの税事務所で再発行してくれます、軽自動車は市町村の役場で再発行できます。

 

 

自動車リサイクル券

 

 

自動車リサイクル券の預託証明書といって法律上必要なものです。

 

 

コレも車検証と一緒にグローブボックス内に入っているはずですので確認してください。

 

 

自賠責保険証

 

 

自賠責保険は通常、車検証とともに車検証入れに入っているはずですが、期限内のものでないとダメです。

 

 

車検時に一緒に更新されてるはずなので問題はないはずですが、紛失時は、保険会社に連絡すれば再発行してくれるはずです。

 

 

任意保険と自賠責保険は別の保険会社の場合があるので紛失時は確認しておきましょう。

 

 

実印と印鑑登録証明書

 

 

 

軽自動の場合は必要ありませんが、普通車以上では必要になってきます、発行後3ヶ月以内のものでないとダメです。

 

 

実印は自宅で保管してあると思いますが、印鑑証明は区役所で300円で発行してもらえます。。

 

 

住所の変更がある場合は住民票が必要になるので、印鑑証明と一緒に発行して貰えば手間が省けます。

 

 

委任状・譲渡証明書

 

 

委任状・譲渡証明書については売却時に業者が持ってくるので、そのときに実印を押して必要事項を書き込めばOKです。

 

 

自分で揃える必要書類のまとめ

 

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証
  • 自動車リサイクル券の預託証明書
  • 印鑑登録証明書と実印
  • 住民票の写し※住所が変更している場合

 

 

軽自動車の場合は印鑑登録証明書と実印は必要ありません。

 

 

いざ車を売る業者が決まってから書類を集めるとなるとドタバタするものです、くるもの売却を決定したなら業者を決める前に自前に準備しておくほうが慌てずに済むし、契約もスムーズに行くので面倒でも先に集めておきましょう。




愛車を激高で売るにはこちらをクリック


私事ですが、プリウスを売りに出した時、一括査定サイトを使ったのですが、数社の見積もりで最大額と最低額の差はなんと19万円でした!



>>任意保険の一括見積もりサイトはこちらから<<