中古車買う



愛車を激高で売るにはこちらをクリック


私事ですが、プリウスを売りに出した時、一括査定サイトを使ったのですが、数社の見積もりで最大額と最低額の差はなんと19万円でした!



>>任意保険の一括見積もりサイトはこちらから<<

車のメンテナンス関連記事一覧

車のメーター類にあるバッテリーのマークガルランプが点灯したらオルタネーターが壊れたのかもしれません。平均的な修理工場の修理費はオルタネーター交換で、部品と工賃を合わせて3万から4万くらいです。もちろん車種にもよりますが・・・・オルタネーターの寿命通常オルタネーターのベアリングやブラシといった消耗品は10年、15万キロや20万キロ使えますが、オルタネーター内部のレギュレーターが壊れる場合が少なくあり...

タイミングベルトはプラグの点火や吸気や排気バルブの開閉のタイミングを司っていて非常に大事な部品です。エンジンのカムシャフトとクランクシャフトが連動するのはタイミングベルトがあるからで、その運動によりバルブが開いたり閉じたりしています。動画を見るとわかりますよね?このバルブの開閉タイミングを同期させて上手くタイミングをとるのがタイミングベルトの役割なんです。切れると怖いタイミングベルトタイミングベル...

突然のパンクはまさに青天の霹靂。近場やまちなかならまだいいですが、遠出してる時やデートの最中にパンクすると心が萎えます。パンクを防ぐにはタイヤの「山」があればあるほどしにくくはなりますが、するときはします(笑)パンクの原因普通は釘や金属の鋭利なものを踏んだ時になる事が多いですが、最近お度嘘は舗装もしっかり行き届いているので昔に比べてパンクすることが少なくなってますね。ただ、山が減ったタイヤのまま乗...

エンジンオイルの交換時期はおおまかにエンジンの種類で変わってきます。通常の自然吸気のエンジンでは、1年経過するか1万キロから1万5千キロくらいが適正とされています。ターボ付きやスーパーチャージャー付きのエンジンになると1年経過か5千キロくらいが適正ですこの違いはエンジンに掛かる負荷を考慮しているためです。ターボはエンジンの排気を利用してタービンを回し、圧縮した空気を吸気側に送り込むことで強制的にエ...

マフラーの交換をするときってどんな時でしょうか?スポーツマフラーと言われるもの、フジツボやHKS・LIMITなどの社外マフラーに変えるときや、縁石に当ててしまってへこんだ時とか事故った時ですかね?(個人的にLIMITのマフラーは音が好き)マフラーはエキゾーストマニホールドから出口までを変えると相当な金額になりますが、通常マフラー交換というと出口付近にある太鼓を変えることを意味します。価格的には車種...

ひと昔前までの車は、エンジン始動時の暖気運転は必須でした。そもそも、始動時にはチョーク(空気とガソリンの混合割合を濃くする装置)をアナログで開いて、エンジン回転を高くする必要がありました。そうしないと、特に寒い次期には「エンジンがかからない」なんてこともしばしば。この装置は、車からは、はるか昔になくなっていますが、オートバイにはまだ付いている車種も少なくありません。まったく無くなってしまったわけで...

自分の愛者の変化を気付けるのは、普段毎日乗っているあなたしかいません。自分で出来るカーメンテナンスは一回やってみれば、実は簡単に出来るということが分かります。そしてカーメンテナンスを出来るようになることでさまざまなメリットがあります。今回は自分で出来るカーメンテナンスを紹介したいと思います。タイヤチェックタイヤは一番チェックしやすいですので、この記事をみたらチェックしてみてください。交換サインが出...