中古車買う

入力時間が最も短い一括査定サイト


愛車を激高で売るにはこちらをクリック


私事ですが、プリウスを売りに出した時、一括査定サイトを使ったのですが、数社の見積もりで最大額と最低額の差はなんと19万円でした!

暖気運転の意味と必要性

ひと昔前までの車は、エンジン始動時の暖気運転は必須でした。

 

 

そもそも、始動時にはチョーク(空気とガソリンの混合割合を濃くする装置)をアナログで開いて、エンジン回転を高くする必要がありました。

 

 

そうしないと、特に寒い次期には「エンジンがかからない」なんてこともしばしば。

 

 

この装置は、車からは、はるか昔になくなっていますが、オートバイにはまだ付いている車種も少なくありません。

 

 

まったく無くなってしまったわけではなく、電子制御機能にプログラムとして組み込まれています

 

 

ただし、暖気運転と始動時のチョークは、必ずしも目的が一致しません。チョークは、あくまでガソリンの混合割合を上げて、燃焼率を高める装置であり、その目的は「始動」にあります。

 

 

現在、よく議論される暖気運転は、これとは異なり、オイルを最低限の回転でエンジン内に循環させて、エンジンそのものを保護するのが目的です。

 

 

これが議論の対象となっているのは、昨今エンジンオイルの性能が向上して、(暖気しなくとも)エンジンに皮膜を残すため、もはや循環させる必要性がなくなってきたこと。

 

 

また、電子制御によって、暖気しなくとも最適な燃焼効率をコンピューターが行ってくれることなどから=むしろ暖気運転によって焼失するガソリンが無駄=エコじゃない、という考え方が出て来たからです。

 

 

では、本当に暖気運転は不要になったのでしょうか?

 

 

結論から言ってしまえば、そんなことはありません。

 

 

F-1などのレースでは、十二分にエンジンを温めてからでないと走行しません。できない、という言い方が正しいくらいです。

 

 

もっと分かりやすい例を上げると、プリウスやアクアなどのハイブリッド車や、あるいはアイドリングストップ機能がついた車を始動した場合、始動直後は、しばらくエンジンはストップせず、アイドリング状態が続きます。

 

 

つまり、電子制御のコンピューターは、アイドリング=暖気運転が必要と判断していることになります。

 

 

暖気運転するのとしないのと、どっちが得?

 

 

ただし、昔と暖気運転の考え方が異なって来ているのは事実です。

 

 

電子制御されているにせよ、始動直後は燃費が極端に落ちます。これは前述のチョークの理論で、空気に対するガソリンの混合率が高くなるためです。

 

 

じゅうぶんな暖気運転後のエンジンは、当たり前ですがほぼ通常走行と同じ燃費になります。

 

 

よく議論になるのは、暖気運転(最低限の回転)で失う燃料と、どちらが無駄が多いのか?という点です。

 

 

アイドリングでも、当然燃料は消費します。もちろん車種によっても異なりますが、おおよそ10分のアイドリングで1リッターが目安。

 

 

アイドリングが比較的高めに設定されている外国車は、これ以上です。

 

 

暖気運転時には、最初、混合率が高くなるので、これ以上にガソリンを消耗します。つまり、何分間アイドリングするかによって、どちらが得かは異なることになります。

 

 

もうひとつの暖気運転の大きな目的は、エンジンオイル循環によるエンジンそのものの保護ですが、前述したように、昨今のエンジンオイルは、皮膜を残すために、その必要性は薄れて来ました。

 

 

エンジンそのものも、精度が上がって、暖気運転をしなかったからと言って、即エンジンが痛むということにはなりません。

 

 

ただし、エンジンオイルは引力によって下へ下へと落ちて行くため、何日も運転していない場合は話が別です。

 

 

何日もエンジンをかけていなかったなら、暖気運転ならずとも、始動後に回転数を上げない必要はあるでしょう。寒い日や、寒冷地ならなおのことです。

 

 

また、暖気運転は停車状態であるため、エンジンは暖まりますが、それ以外の駆動系には、まったく効果がない、と考えていいでしょう。

 

 

以上のことから、最近の傾向として、まったくのアイドリングよりは低回転による走行が望ましい暖気運転の仕方と言われています。
そう言えば、アスリートも、いきなり全力走行はしませんよね。同じことです。




愛車を激高で売るにはこちらをクリック


私事ですが、プリウスを売りに出した時、一括査定サイトを使ったのですが、数社の見積もりで最大額と最低額の差はなんと19万円でした!



>>任意保険の一括見積もりサイトはこちらから<<