クラウンアスリート買取

入力時間が最も短い一括査定サイト


愛車を激高で売るにはこちらをクリック


私事ですが、プリウスを売りに出した時、一括査定サイトを使ったのですが、数社の見積もりで最大額と最低額の差はなんと19万円でした!

クラウンは、1955年に初代モデルを投入したトヨタの主力セダン

 

現行型で14代目になるクラウンは、昭和の時代なら誰もが憧れたステータスの高い車です。

 

 

現在でもその人気は高く、中古車市場では高値安定していてその流通量も豊富です。

 

 

昔に比べてセダンが売れなくなった今もクラウンだけは別格で、トヨタの販売ディーラーもクラウンには力を注いでいる。

 

 

とはいっても、ユーザーの高齢化と人口減少で販売台数は近年伸び悩んでいる様子です。

 

 

現行売れ筋NO1のアスリートシリーズは11代目クラウンから設定されて、スポーツ仕様の作りになっている、2003年の12代目アスリートはV型6気筒の3.5リッターエンジンを搭載し、大幅な変更が施されてフレームも変わっている。

 

 

中古車市場で高値ということは買取価格も高いということなので、査定に出せば高値で引き取ってもらえる車種でもある。

 

 

特に現行型は流通量もまだまだ少なく、査定に出せばかなりの金額で取引されているのが実情で、特に高値で査定されるのはハイブリット車です。

 

 

クラウン アスリート

新車価格帯:367~610万円

中古車価格帯:249~520万円

 

 

トヨタ・クラウン ハイブリッド アスリートS(FR/CVT)が売れ筋

 

【スペック】全長×全幅×全高=4895×1800×1450mm/ホイールベース=2850mm/車重=1670kg/駆動方式=FR/2.5リッター直4DOHC16バルブ(178ps/6000rpm、22.5kgm/4200-4800rpm)+交流同期電動機(143ps、30.6kgm)/燃費=23.2km/リッター(JC08モード)/価格=469万円(テスト車=527万6950円)

 

 

クラウンアスリートsハイブリッドの購入を考えるときに対抗にあげられるのがレクサスis300hなんですが、両者の一番の違いは維持費の問題です。

 

 

LEXUSはトヨタにあってトヨタにあらずです、クラウンも高級車に違いはないものの、レクサスは更に上を行く外車並みの維持費がかかります。

 

 

車検代、修理代、使われているパーツ、すべてが高いです、おまけに任意保険の料率クラスも最上級で、無理して乗るような車ではないんですね。

 

 

少しでも維持費を安くしたいなら間違いなくクラウンアスリートsハイブリッドですね、パワートレインに関しては同じものですしね。

 

 

レクサスにはブランド代が加算されているので、ベンツやBMWのような外車と思ったほうが良いですね、日本車とはいえ別物です。

 

 

塗装の厚さと足回りの剛性はレクサスに軍配が上がりますが・・・・




愛車を激高で売るにはこちらをクリック


私事ですが、プリウスを売りに出した時、一括査定サイトを使ったのですが、数社の見積もりで最大額と最低額の差はなんと19万円でした!



>>任意保険の一括見積もりサイトはこちらから<<