プリウス買取

入力時間が最も短い一括査定サイト


愛車を激高で売るにはこちらをクリック


私事ですが、プリウスを売りに出した時、一括査定サイトを使ったのですが、数社の見積もりで最大額と最低額の差はなんと19万円でした!

ハイブリットカーの代名詞といえばプリウスですよ

初代 プリウスNHW1(1997年 - 2003年)からくらべて、4代目に当たるZVW5(2015年 - )まで改良を重ねて、懸念材料であるバッテリーの寿命はだいぶ改善されています。

 

 

プリウスは3代目以降、2ZR-FXE型のエンジンが採用されていますが最大熱効率は40%で、ハイブリットシステム全体の軽量、小型化に成功しています。

 

 

プリウスには2つのバッテリーが搭載されています

 

 

プリウスのバッテリーは、駆動用バッテリーと補機バッテリーで構成されています。

 

 

駆動用バッテリーは、ニッケル水素バッテリーでハイブリットシステムはこれを使っています、バッテリーが高く寿命が心配されるのはこの駆動用バッテリーの事です。

 

 

補機バッテリーは一般車にあるバッテリーと同じ用途で、電装機器に使われます。

 

 

初期の頃は駆動用バッテリーは価格も高く寿命自体も短かったため、懸念材料でしたが、現行のプリウスでは駆動用バッテリーの心配はそれほど考えることもないです。

 

 

20万キロ乗っても大丈夫なように設計されていて、実際そのくらい乗ってる人はたくさんいます。

 

 

車の寿命がバッテリーの寿命と考えて作られているから、バッテリー単体の心配はする必要はないんですね。

 

 

ただ中古で買うとなると、古い初代や2台めのモデルを買うことになりますよね?

 

 

初期モデルでは10万キロが一つの目安で、それを超えるとバッテリーの心配が出てきます。

 

 

バッテリーが劣化してくると、電気走行が短くなるため燃費が悪化する、ということがあるのでハイブリットの意味がなくなってきます。

 

 

おまけに初代プリウスの駆動用バッテリーは交換すると、70万近くかかっていました。

 

 

それが2代目以降では15万前後です、プリウスの中古を買うなら初代は避けたほうがいいですね、買うなら2代目以降です。

 

 

プリウスは駆動用バッテリー交換時期が売りどき?

 

 

プリウスはバッテリー交換時期とともに売られることが多いようです、そもそもバッテリーはそんなに簡単に壊れるものでもないし、交換費用を考えると乗り換えのいい時期という判断なんでしょうね。

 

 

駆動用バッテリーは突然壊れるようなことが少なく、徐々に劣化していくので交換時期の判断がしやすいんですね、前述したように電気での走行が少なくなってくるとバッテリーの性能が悪くなっている証拠で、ガソリンでの駆動時間が長くなるため燃費も悪くなります。

 

 

なので、買い替えの計画が立てやすいともいえます。

 

 

車を売る時には中古車屋を利用すると思いますが、事前に一括査定サイトで査定額の相場を知っておくとなるべく高く売ることができます。

 

 

一括査定サイトなら数社から査定を受けられるので、自分の車の価格レンジがとても良くわかり、納得して車を売ることができます。

 

 

引取から、書類仕事まで全部請け負ってくれるのでとても簡単スムーズに車を手放すことができるんですね。

 

 

一括査定サイトの流れとしては、サイトに無料登録すると電話やメールが中古車屋から来ます、そこで車の状態を告げると大体の相場価格を教えてくれます。

 

 

連絡のあった業者の中から高く買い取ってくれそうなところに査定依頼をすると後日車を見に来て査定してくれます。

 

 

そこで金額の折り合いが付けばそのまま引き取ってくれます、もちろん書類は後日郵送でもやり取りできるし、とにかく煩わしいことはないですよ。

 

 

仮に金額に納得がいかなければ、帰ってもらうことも可能なので、納得がいくまで話し合いましょう。

 

 

中古車屋の中でも査定額には大幅な開きがあるので、普通に数十万の違いが出ることがあります、一括査定サイトを使わないと存して車を売ることになるんですよね。

 

 

複数の業者で見積もってもらうほうが良い条件を引き出せますからね、一社だけだと相手の言い値で売ることになります。




愛車を激高で売るにはこちらをクリック


私事ですが、プリウスを売りに出した時、一括査定サイトを使ったのですが、数社の見積もりで最大額と最低額の差はなんと19万円でした!



>>任意保険の一括見積もりサイトはこちらから<<