マツダ CX-5買取

入力時間が最も短い一括査定サイト


愛車を激高で売るにはこちらをクリック


私事ですが、プリウスを売りに出した時、一括査定サイトを使ったのですが、数社の見積もりで最大額と最低額の差はなんと19万円でした!

CX-5の新車時の価格と中古車動向

新車価格:244~348万円 中古車価格:145~348万円

 

 

エンジンは2L直4DOHC(155ps:2WD)と2.2L直4DOHCディ―ゼルターボ(175ps)FFと4WDあり

 

 

CX-5は平成24年に発売開始されたマツダのSUVですが、中古車市場での流通量はそれほど多くはありません。

 

 

SKYACTIV TECHNOLOGYというマツダ独自の技術で構成されたエンジンは、燃費の向上とアイドリングストップなどの電気デバイス性能向上に特徴があります。

 

 

CX-5にはガソリンエンジンの他にディーゼルエンジン搭載のSKYACTIV-Dの設定があります、燃費性能はガソン林エンジンでは実燃費で丁寧に乗れば15キロ近く走れます。

 

 

ディーゼルエンジン搭載モデルの実燃費は、18キロ近く走れるようでガソリンエンジンに比べて約2~3キロほど多く走れます。

 

 

CX-5のライバル車はトヨタのハリヤー

 

 

マツダのディーラーで聞いた話なんですが、Cx-5に関してはトヨタのハリヤーを最も警戒いているようなので、新車で購入を考えているならハリヤーの名前を出すことでぐんと値引きが期待できそうです。

 

 

日産のエクストレイルもライバルなのですが、やはり高級感ただようトヨタ車にはかなわないらしく、エクストレイルよりもハリヤーの名前を出すほうが揺さぶれるでしょうね。

 

 

中古車市場ではガソリン車よりもディーゼルエンジンが人気

 

 

クリーンディーゼルは一昔前のディーゼル車と比べて音も静か、燃費も良いのでガソリンの高騰を背景に安い軽油仕様のほうが中古車市場でのウケが良いようです。

 

 

Skyactiv-Dは、圧縮比を14まで下げる事により排出ガス基準をクリアした低燃費エンジンで力強いトルクが特徴。

 

 

中古での買い取りの場合でもやはりディーゼルエンジンのほうが高く査定してもらえます、FF車のほうが引きが強く、最も買い取りパフォーマンスがいいのはグレードで言えば「XD」ということになりそうです。

 

 

高価買取ポイントとしては他にも、SCBSとSBS付きが高値査定の肝になります。

 

 

安全面でのオプション装備で、SCBSは「スマート・シティ・ブレーキ・サポート」の略、SBSは「スマート・ブレーキ・サポート」の略です。

 

 

SCBSは街乗り時における低速走行の時に、前の車との衝突を未然に防ぐ装備で作動条件は3キロから30キロです。

 

 

SBSはSCBSよりも速度が早い時に作動します、SCBSが近赤外線レーザーを使うのに対してSBSではミリ波レーダーを使用しています、これらのオプションは新車時に8万円でつけることができます。

 

 

マツダ車は売るときに安くなる?

 

 

前々から言われることですが、トヨタ車や日産車と比べてマツダ車は中古車査定の時の値落ちが大きいです、これは人気車でも同じクラスのトヨタ車などに比べてです。

 

 

とはいってもマツダ専門に扱う中古車屋もあるし、CX-5のようなSUVであればSUV専門店に売ることで高く売れることもあります。

 

 

車を売りに出すときの鉄則はできるだけ多くの業者に査定してもらうことです、見積の数だけ金額が上がると思ってください。

 

 

なので、まずは自分の車がいくらで売れるか相場の価格範囲を知るためにも一括査定サイトでたくさんの業者から査定見積もりを取るようにしてください。

 

 

売る売らないは自由なので、無料で使える一括査定サイトを使わないというのはそれだけで損をしているようなものです。

 

 

登録は数分で終わります、完全無料なのでかならず使うようにしてください、一括査定サイトの業者間だけでも数十万円の開きがありますから、きっと初めて使う人はびっくりしますよ。




愛車を激高で売るにはこちらをクリック


私事ですが、プリウスを売りに出した時、一括査定サイトを使ったのですが、数社の見積もりで最大額と最低額の差はなんと19万円でした!



>>任意保険の一括見積もりサイトはこちらから<<

マツダ CX-5は中古だといくら?関連ページ

マツダ デミオの中古車動向や価格