中古車買う

入力時間が最も短い一括査定サイト


愛車を激高で売るにはこちらをクリック


私事ですが、プリウスを売りに出した時、一括査定サイトを使ったのですが、数社の見積もりで最大額と最低額の差はなんと19万円でした!

普段、愛車のメンテナンスはしていますか?

自分の愛者の変化を気付けるのは、普段毎日乗っているあなたしかいません。自分で出来るカーメンテナンスは一回やってみれば、実は簡単に出来るということが分かります。

 

 

そしてカーメンテナンスを出来るようになることでさまざまなメリットがあります。今回は自分で出来るカーメンテナンスを紹介したいと思います。

 

 

タイヤチェック

 

 

タイヤは一番チェックしやすいですので、この記事をみたらチェックしてみてください。交換サインが出てるかもしれませんよ。

 

 

タイヤの溝

 

 

タイヤの溝をチェックする時は「スリップライン」というものを見ます。「スリップライン」とは、タイヤの使用限度を示してくれるサインのことで、どのタイヤにも必ず付いています。

 

 

http://www.tc-umemoto.com/trivia/slip.htm

 

 

タイヤに数個スリップサインが設けられていますが、そのうちの1つがでるとそのタイヤは危ないので、交換したほうがいいという事になります。

 

タイヤのヒビ

 

 

タイヤのヒビは、無理な運転、悪い道を走るというより、車の保管場所による影響が大きいです。タイヤは直射日光を浴びるとパキパキになりヒビが入ってしまう可能性があります。

 

 

ヒビが無いかどうかはしっかりチェックしておきましょう。そこからバーストしたり、パンクしたりする可能性がありますので、とても危険です。

 

 

タイヤの空気

 

 

タイヤの空気圧という言い方もしますね。タイヤに空気が入っていないと小石を踏んだだけでもパンクしてしまう可能性があります。

 

 

燃費も悪くなるということもありますので、空気圧はこまめにチェックしておきましょう。ガソリンスタンドで無料で見れるところがありますので、ガソリンを給油する際に一緒に見てみるのをおすすめします。

 

 

いつも行くガソリンスタンドのスタッフさんに使い方や空気の入れ方を聞いておきましょう。

 

 

ワイパーのメンテナンス

 

 

皆さんのワイパーは、長く使い過ぎて、水はけが悪かったり、動かした時にグググっと音が鳴ったりしていませんか?

 

 

ワイパーがそういう状態の時は交換時期です。すぐに交換して雨の日は気持ち良く水を切ってやりましょう。

 

 

ワイパーは大きく分けて3つのパーツから構成されています。

 

 

ワイパーアーム(ワイパーの付け根の部分)

 

 

ワイパーラバー(ワイパーのゴムの部分)

 

 

ワイパーブレード(ワイパーラバーと一緒になっている所)

 

 

通常は、ワイパーラバーを交換するのですが、これは自分で出来ます。ホームセンターやカーショップで自分の車に合ったゴムを買ってきて、説明書通りにすると上手くできますので試してみてください。

 

 

イメージ的にはゴムをヒュっと抜いてスルッと交換するだけです。他にはワイパーブレードごと交換する方法もありますが、破損していない限り交換する必要はありません。ゴムだけ交換しておけば問題ないです。

 

 

エンジンオイルのメンテナンス

 

 

エンジンオイルの点検は、自動車教習所で習ったかと思います。ですが、車に乗り始めてオイル点検をしたことがないという方がとても多いです。

 

 

オイルは人間でいう体内をめぐる「血」ですので、これが汚れていると車にはかなり悪影響と言えます。

 

 

では、エンジンオイルの点検の仕方を見ていきましょう。

 

 

車を平坦なところで停車させる

 

 

エンジンオイルの点検をする時は、必ず道が平坦なところで行ってください。車が少しでも傾いているとエンジンオイルも傾きますので、今どれくらい入っているのか正確な量が確認できなくなります。

 

 

オイルレベルゲージを抜く

 

 

ボンネットを上げて、オイルレベルゲージを抜きます。そしたら先端にオイルが付着していますので、キッチンペーパーでしっかりふき取ってください。そしたら2のラインが見えてきます。上のラインが上限で、下のラインが下限を意味します。

 

 

オイルレベルゲージを置くまでさす

 

 

またオイルレベルゲージを差し込みます。この時しっかりと奥まで差し込みましょう。そしてもう一回引き抜きます。

 

 

すると先端にオイルが付いてきますので、オイルの色を見てください。黒いと交換時期ですね。透き通ったオレンジ色だとまだ使えます。

 

 

あと2ラインの真ん中にオイルが来ているかもチェックしてくださいね。あまり下限のラインにオイルが近いとエンジンオイルが不足している可能性がありますので、継ぎ足しておきましょう。

 

 

オイルレベルゲージをしっかり差し込む

 

 

点検が終了してオイルレベルゲージを戻す時は、しっかり奥まで差し込んでください。差し込みが甘いとオイル漏れの原因になります。

 

 

ウォッシャー液のメンテナンス

 

 

ウォッシャー液はただの水を入れていませんか?水で何も問題ないのですが、出来れば市販で売っているウォッシャー液を使いましょう。

 

 

ただの水だと気温が低い冬場には凍ってしまったり、フロントガラスを傷つけてしまったりする可能性もあります。市販のウォッシャー液には、少量のアルコールが入っているので、凍り付く心配もありません。

 

 

そしてガラスの表面をコーティングしてくれますので、視界もよくなり綺麗に保てます。ウォッシャー液は大体、半年を目安に交換しておきましょう。

 

 

まとめ

 

 

カーメンテナンスを行うことで、愛車の寿命を延ばすことができます。

 

 

そして何よりトラブルを防ぐことができるのが一番のメリットだと言えるでしょう。

 

 

特にエンジンオイル、タイヤのメンテナンスは命に関わる事故の元にもなりますので、しっかりメンテナンスは行いましょうね。

 

 



愛車を激高で売るにはこちらをクリック


私事ですが、プリウスを売りに出した時、一括査定サイトを使ったのですが、数社の見積もりで最大額と最低額の差はなんと19万円でした!



>>任意保険の一括見積もりサイトはこちらから<<