ハリアー買取

入力時間が最も短い一括査定サイト


愛車を激高で売るにはこちらをクリック


私事ですが、プリウスを売りに出した時、一括査定サイトを使ったのですが、数社の見積もりで最大額と最低額の差はなんと19万円でした!

国内の車でもハイグレードなSUVとして有名なトヨタのハリアー

メンタルトレーニング

トヨタのハリアーは、単にハイグレードであるだけでなく、2013年に現行モデルが出て以来、根強い人気を誇っています。

 

 

日本自動車販売協会連合会が2016年12月に発表した新車乗用車車名別販売ランキングの中でもベスト10をうかがうほどの人気です。

 

 

そうなると、ハリアーを中古で入手したいという人も少なくありません。

 

 

そこで今回は、ハリアーを中古車で購入するうえで気を付けるべきポイントについて見ていきたいと思います。

 

 

最低限注目すべきポイントとは

 

 

ハリアーに限らず中古車を購入するときに最低限注目するべきポイントがあります。それは、購入しようとしている車がいつ製造され、購入する時点でどのくらいの走行距離を走ったかということ、そしてそれらの要素に対して値段はどのくらいするか、ということです。

 

 

価格との関係でいえば、年式が古く、かつ走行距離が長いほど価格が低くなります。

 

 

ただ、中には年式が古く走行距離も長いのに価格が高くなっている場合もあります。それは以前の持ち主が念入りにメンテナンスを施して大事に扱っていたためです。

 

 

このように聞くと、価格を重視する人の中には、メンテナンスはそんなに行き届いてなくても良いから安く買いたい、と考える人もいるかもしれません。

 

 

しかし、それは少し考えどころです。というのも、メンテナンスが行き届いていないものは部品のどこかに不具合を伴っている可能性も考えられます。

 

 

その場合、購入後にその部品がもとで事故を起こすリスクが高まり、本当に事故を起こそうものなら後悔する羽目になりかねません。

 

 

事故歴のあるいわゆる「事故車」であるかどうかや、車の傷跡などを見て修復歴があるかどうかを確認するのも、この点から考えると重要なポイントです。

 

 

見えないところにも注意すべし!

 

 

全体の雰囲気や走行距離、外見、年式といったひとまず見てみて確認できるポイント以外のものをチェックすることも重要です。

 

 

まず、エンジンルームを開けてみたときに、前面部分の内側にあるインナーパネルという鉄板の部分やボンネットの裏側をチェックしてみましょう。

 

 

ここに溶接の跡や補修の跡があった場合、事故によって大きなダメージを負った結果、大掛かりな補修をした可能性が高いです。

 

 

また、冷却水やオイルのポンプやゴムホースなどの付属品についても細かいチェックは欠かせません。

 

 

やはりこれらの部品についても損傷がある場合はにじみが見られますし、またやたらときれいに目立っているものは好感された可能性もあるため、整備記録ともつきあわせつつ丹念なチェックが必要です。

 

 

次に、タイヤ部分のチェックも欠かせません。タイヤの減り具合や摩耗の状態をチェックし、異常があれば車体そのものがゆがんでいるのか、単にタイヤ部分だけの問題にとどまるレベルなのかも調べましょう。

 

 

車体の床下部分や後部の方も、傷やへこみ、それらを修復した痕跡が残っていないかはもちろん、その周りの部分に影響がないか、異常が見られないかもチェックが必要です。

 

 

床下部分であればフレームやドア下の部分、後部であればテールゲート(後部の扉)やナンバープレートの状態が主なチェックポイントです。

 

 

動作確認も必要

 

 

実際の動作確認も必要です。まずはブレーキやヘッドライト、クラクション、ワイパーなどの安全機器のチェックは怠ってはいけません。

 

 

これらの部分のどれかが正常に動かないまま購入しては後になってさまざまな障害に巻き込まれるためです。

 

 

そして、エアコンやオーディオについても動作するか確認しましょう。「別にエアコンが動かなくても、夏場なら窓を開ければいい」とか「音楽聞かないから大丈夫」といって面倒くさがらないことが大切です。

 

 

さらに、カーナビやオーディオなどについては、取扱説明書がきちんとついているかどうかも確認が必要です。

 

 

もしついていなければ、この車のメンテナンス状況そのものもある程度疑ってかかっても良いでしょう。

 

 

実際にエンジンをかけてみて、エンジンのかかり具合や排気ガスの色、始動音なども丹念に見てみます。もしも異常な音がするなどすればエンジンに何か不具合があると見てかかったほうがよいです。

 

 

あとは、ハリアーの最大の特徴の1つが車内に施されたラグジュアリー装備にあります。

 

 

特に最上級のものであれば座席が本革張りと非常に高級感あふれる仕様になっているうえ、背が低い人でも運転できるようにハンドルやシートを上下に調整できます。このため、シートやハンドルなどの状態も丹念にチェックしておきましょう。

 

 

安いものを買うのであれば保証内容は不可欠

 

 

ハリアーの中古車でもできれば低価格のものを買いたいという人も少なくないはずですが、その場合中古車販売店が出す保証内容はきちんと確認しておくことが大切です。

 

 

販売店によってその内容はバラバラなのですが、店によっては充実している場合があるため、活用しないことはもったいないことといえます。

 

 

むしろ、補償内容の適用範囲外のことについては、事故などで破損した場合、自分でお金を出して修理を依頼する羽目になります。

 

 

保証内容によっては、エンジンといった耐久性のある部分は保証されていて、エアコンなどのような比較的壊れるリスクのある部分に対しては保証がない、という場合もあったりします。

 

 

このほか、タイヤやエンジンルーム内のホースなどの消耗品まで保証されているケースは多くありませんが、その部分に関する保証の有無を確認しておくことも大切です。

 

 

安い値段にはそれなりの理由がありますので、なおさら保証内容の確認が必要となってくることは忘れないようにしておいてください。

 

 

まとめ

 

 

ハイグレードなSUVとして人気のあるハリアーですが、その中古車を買う際には傷や補修の痕跡の有無、見えない部分などのチェックはもちろんのこと、ハリアーの最大の特徴であるラグジュアリー装備の不具合を見ることも大切です。

 

 

また、特に低価格での購入には、その際の保証内容も念入りにチェックしておきましょう。




愛車を激高で売るにはこちらをクリック


私事ですが、プリウスを売りに出した時、一括査定サイトを使ったのですが、数社の見積もりで最大額と最低額の差はなんと19万円でした!



>>任意保険の一括見積もりサイトはこちらから<<